2025年7月5日に隕石落下?NASAの情報と津波予言をチェック

記事内に広告が含まれています。

2025年7月5日に隕石が落ちるのは本当?NASAの情報と予言をチェックします。2025年7月5日に隕石落下がTikTokなどで噂されていますが、本当なのか気になりますよね?当情報局では、以前も小惑星の接近による隕石衝突の確率を調査したことはありましたが、情報源はどこなのか調査しました。

今回は、2025年7月5日に隕石が落ちるのは本当?NASAの情報と予言をチェックします。

2025年7月5日に隕石落下の情報源はどこからきたの?

隕石落下

2025年7月5日に隕石落下するという情報源は

  • 人気YouTuberのNaokiman Showさんの動画
  • 「私が見た未来」の著者たつき諒さんの予知夢

です。さっそく確認してみましょう。

2025年7月5日に隕石落下?NASAの情報とは

ナオキマンさんの動画内では、友人で学者の保江邦夫教授が、極秘ルートであのアメリカの宇宙開発の組織(NASAのこと?)から情報を入手したとのこと。

その情報というのが

  • 2025年7月5日にフィリピン海に隕石が衝突する可能性

であり、すでに計算で導き出されていると明かしています。隕石が落下すると予想されているのが日本に近いフィリピン海です。

保江さんは、その隕石落下の情報を同じ宇宙組織の2つのパイプから聞いているとのことです。

動画内5分50秒頃から隕石落下の話になっています。

※ナオキマンは、アメリカ出身のYoutuberです。ミステリーやスピリチュアル、精神世界、宇宙、陰謀、都市伝説、社会情勢、世界経済などを扱うYouTubeチャンネル『Naokiman Show』を運営しています。

※動画内に出演している保江邦夫教授は物理学者です。専門は数理物理学・量子力学・脳科学。ノートルダム清心女子大学 大学院人間生活学研究科人間複合科学専攻教授。同情報理学研究所所長。岡山出身で、東北大→京都大学大学院博士課程前期課程→名古屋大学大学院後期課程→スイスジュネーブ大学理学部理論物理学科講師→東芝総合研究所研究員を経て今に至っています。

2025年7月5日に隕石落下?津波の予言とは

1999年に出版された『私が見た未来』の著者たつき諒先生が、2025年7月5日に日本に巨大津波が来ると予言しています。

『私が見た未来』は2011年の東日本大震災が予言されていたと話題になった本です。

たつき諒先生の見た予知夢は以下のように語っています。

  • 南海トラフの南側にあるフィリピン海がポコンと下から盛り上がり巨大な津波となって周辺の国々に広がっていくのです。日本列島の太平洋側3分の1から4分の1が大津波に飲まれています。震源地に向かって、なぜか2匹の竜が向かって向かっていく映像も見えました

たつき諒先生いわく巨大津波の発生源が、「人災の可能性もあり得る」とおっしゃっていて地震とは限らないとのことです。

前述したNASAの話を考慮すると、日時も場所も同じであるため、隕石の落下による巨大津波の発生の可能性もあり得るのではないでしょうか?

著:たつき諒
¥1,640 (2024/01/15 01:05時点 | Amazon調べ)

隕石落下を防ぐ方法はある?NASAの実験

2022年9月にNASAは無人探査機(DART)を小惑星に衝突させる実験を行っています。

これは、地球を脅かす可能性のある隕石の軌道を安全に変えることがことができるのか確認するのが狙いでした。

実験の結果、軌道を変える実験に成功したと発表(起動周期が32分短縮)しています。

隕石が過度に巨大なものでなければ、無人探査機を隕石に衝突させることで回避させることができる可能性があります。

まとめ

今回は、2025年7月5日に隕石が落ちるのは本当?NASAの情報と予言をチェックしました。ナオキマンの動画では、保江教授がアメリカの宇宙開発組織の2つのルートから、隕石落下について導き出されていると明かしています。さらに、私が見た未来の著者のたつき諒先生の予知夢では、日本に巨大津波が来ると予言していて、その津波が隕石落下が原因の可能性もあるとのこと。津波が起きるくらいの巨大隕石がフィリピン海に落下するのでしょうか?今後も新しい情報が入り次第更新していきます。