大谷翔平の手取り年収はいくら?ドジャース契約金1014億円後払い

記事内に広告が含まれています。

大谷翔平の手取り年収はいくら?ドジャース1014億円後払いについて紹介します。

大谷翔平選手の手取り年収って結局いくらになるの?ドジャース契約金1014億円の97%が後払いということでいったいどのくらい差があるのか?気になりますよね?!

今回は、大谷翔平の手取り年収はいくら?ドジャース1014億円後払いについて紹介します。

\人柄もプレーも一流大谷翔平の2024年カレンダーを探す!/
エンスカイ(ENSKY)
¥3,304 (2023/12/13 14:40時点 | Amazon調べ)

大谷翔平の手取り年収はいくら?ドジャース契約金1014億円

大谷翔平選手の手取り年収をざっくりと計算します。

  1. 収入額 約1014億円
  2. 税金額 -約526億円 連邦政府の税金、カリフォルニア州税、ソーシャルセキュリティー税、メディケア税、州の傷害保険料 
  3. 諸経費 -約71億円 エージェント・代理人手数料5%、通訳水原さん手数料2%
  4. 手取額 約417億円 

10年で約417億円です。

よって大谷選手の手取り年収はドジャースからの収入が約42億円です。

さらに、大谷選手には数多くのスポンサー契約があります。スポンサーだけでも46億円とも言われています。スポンサーについては日本の企業が多のでそこに関しては日本の税額で計算されます。これを合わせると年収も増えますが、ここに関しては、各スポンサーとの契約年数が不明のため年収に換算できません。

ドジャース契約金後払いで大谷翔平の手取り年収はいくら?差額も調査

大谷翔平選手の年収については、なんと97%が後払いということです。

1014億円97%を10年契約後の2034年~2043年の間に受け取るとのことなので年棒は2億9000万円となります。

単純に1年で42億円もらえるものが約3億となります。その差39億円減。

日本のプロ野球選手の年棒になった感じですが、後払いってすごいですね。大谷選手のチーム愛、野球愛を感じますね。

まとめ

今回は、大谷翔平の手取り年収はいくら?ドジャース1014億円後払いについて紹介しました。大谷翔平選手の年棒は約3億で実際10年分を1年に換算した手取りよりも39億円も少ない額の年収となります。

大谷選手の金銭欲よりもチームや野球のことを考えているところが大谷選手らしいですね。ドジャースでも大活躍を祈っています!!