チャジュンファンの兵役はいつからいつまで?免除の可能性などを調査

チャジュンファンの兵役はいつからいつまで?免除の可能性などを調査
記事内に広告が含まれています。

チャジュンファンの兵役はいつからいつまで?免除の可能性などあるのでしょうか?チャジュンファン選手は今注目のオリンピックフィギュアスケート選手ですが、2026年にはミラノオリンピックも控えているので気になりますよね?

今回は、チャジュンファンの兵役はいつからいつまで?兵役免除の可能性についてついて調査します。

チャジュンファンの兵役はいつからいつまで

チェジュンファンが兵役につくのは現役引退した後と予想されます。

2001年生まれのチャジュンファン選手は2023年に22歳です。

  • 2026年のミラノオリンピック 25歳
  • 2030年のオリンピック(開催国不明) 29歳

一般的に、トップクラスのフィギュア選手の場合、シングルの男子は25歳前後で引退が多くペアやアイスダンスでは30代でも続けている人もいます。そのように考えると、2030年の29歳で引退して入隊の可能性が高いです!

韓国の徴兵制度によると満20歳から満28歳までが兵的につく期間されています。

しかし文化体育観光相から、「韓国の国際的地位を高めるために貢献したと認められた大衆芸能分野のアーティストは30歳まで延期可能」と2020年に法改正がありました。ということでチャジュンファン選手も延期になる可能性は高いです。

【フィギュアスケート】チャジュンファンの兵役免除の可能性などを調査

チャジュンファンの兵役免除の可能性について調査しました。

兵役免除者の規定は「芸術・体育分野の特技を持つ者として文化体育観光部長官が推薦する者」とされています。

体育分野では、

「オリンピック3位以上入賞者」

「アジア大会1位入賞者」

については兵役免除となります。

チャジュンファン選手は、2022年北京オリンピックでは5位入賞、2023年の世界フィギュアスケート選手権では2位の銀メダルを取得しており、十分に実力がありメダル候補といわれています。

近い大会でいえば2023年8月16日~19日開催のアジア大会1位に入賞すれば兵役免除になります!

ただ、兵役免除といっても義務が完全に無くなるわけではありません。

基礎軍事訓練を受けたあとに芸術・体育要員として服務する形で義務を果たさなければなりません。

まとめ

今回は、チャジュンファンの兵役はいつからいつまで?免除の可能性などを調査しました。チャジュンファンが入隊するなら現役引退後と考えられますが、高橋大輔選手に憧れているチャジュンファン選手だったら、2030年のオリンピック後引退後の入隊の可能性が高いです。しかし、メダル候補のチャジュンファン選手だったら、免除の可能性も十分にありますよね。これからのチャジュンファン選手に注目していきましょう。