ヤツメウナギに吸い付かれると痛い?口の中に指をいれたらどうなる?危険なのか調査

ヤツメウナギに吸い付かれると痛い?口の中に指をいれたらどうなる?危険なのか調査
記事内に広告が含まれています。

ヤツメウナギに吸い付かれると痛い?口の中に指をいれたらどうなる?危険なのか調査します。

ヤツメウナギは絶滅危惧種でレアな生物です。エイリアンのような口をしていますが、捕まえて指を近づけると吸い付きます。痛いのか気になりますよね?

今回は、

ヤツメウナギに吸い付かれると痛い?口の中に指をいれたらどうなる?危険なのか調査します。

ヤツメウナギに吸い付かれると痛い?口の中に指をいれたらどうなる?

吸い付かれてしばらくすると痛いと推測されます。口の中に指をいれたら吸い付いてなかなか離れません。

ヤツメウナギの口は円形で吸盤状。広げた口にはとげのような突起物があります。その突起物と吸盤の原理を利用して、大型の魚に寄生します。

吸盤状の口で大型の魚に吸いつき血液や体液を栄養分にします。また、吸い付いた魚肉をはぎ取って食用にすることもあるのだそう。

強い流れでも流されないように、岩に吸い付くことで自分を固定する習性もあります。

ヒルと同じように、吸血し、肉食することもあるということなので強い力ですよね。

ヤツメウナギは危険?川のバンパイア

ヤツメウナギは吸血性の生物。

唾液には

  • 肉を溶かし血液が固まらない物質が含まれる
  • いつまでも吸い続けることができます。

人間が川で泳げば、普通に吸い付いてきます。手でつかんで引っ張れば離すことができます。

毒もなく人間を食い殺すほどの怖さはないので、吸い付かれても落ち着いて処理しましょう。